韓流な私の気ままブログ

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 未分類
CATEGORY ≫ 未分類
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

2001年の星

お久しぶりです。次男坊です。
今、私の母校のサイトに私の描いた漫画が載っててとても興奮状態なのです。

さて今回、私がお話しするのは「アニメ」について。
ここは私の好きなアニメのことを紹介し、私が今風の若者であるということを証明してみせます。

では、さっそくいきましょう。私が紹介する大好きなアニメは・・・
poster.jpg
星のカービィです。
・・・誰ですか今「どこが今風の若者やねん」とか思った人は。

このアニメは名前からわかる通り、任天堂/HAL研究所製作のゲーム「星のカービィ」をモチーフにした
アニメで、2001年から2003年までTBSで放送されていました。

一見するとこのアニメは子供向けとか、教育に支障をきたさないとか言われそうですが、
実はこれ、一部で対象年齢15才以上といわれるほど
危ないアニメなのです。
なぜ、ここまで言われてしまったアニメなのか、箇条書きで説明していきたいと思います。

・話が黒い
 とにかく社会風刺が多いです。子供向けアニメなのに夢も希望もありません。
 当時、話題になった食糧不足、教育問題、マスコミによる情報捏造、箱物行政、飽食、地球温暖化・・・などと
 挙げればキリがないほどです。
 最初の10話くらいは魔獣とか星の戦士とかそんな感じだったのに、いつからこんな子供には早すぎるネタが
 多くなったのでしょうか。

・問題発言の数々
 これは上の項と似たような話になるのですが・・・。
 このアニメにはあまり小さい子に聞かせたくない発言が多いです。
 その一部を紹介してみましょう。

・国家ぐるみの場合は犯罪にならんゾイ
・環境破壊は気持ちいい
・好きで働いてる連中は給料安くてすむ
・某民放(TBS)だって(捏造を)やってるでゲス
・夢より利益を優先しなくては

 もう何のアニメなのかわかりません。


と、まあアニメ「星のカービィ」はざっとこんな感じのアニメです。
確かに、子供には危なそうなアニメですが
逆にこういうアニメこそが、子供に対していい教育になるのだと捉えてみるとどうでしょうか。
確かに小さいうちから危険思想を植え付けるというのはまずいですが、それによって子供が社会に関心を持つと
いうメリットもあるはずです。
教育というのはいい影響を与えるだけじゃありません。
こういった悪い影響も一つの要因ととらえ、子供たちに与えていくことが現代の親達にとって必要なのでは
ないでしょうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。