韓流な私の気ままブログ

2012年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年10月
ARCHIVE ≫ 2012年10月
      

≪ 前月 |  2012年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

DIRにトジョン(挑戦)

ナムピョンのウッドデッキ改装は、まだまだ続いています。
あれから、階段を2箇所、取り付けているのですが
これが意外と難しいようで時々「しまった!」と言いながらも
作業をすすめています。

それを見ていた私もDIYをしてみたくなり、たろくんの小屋廻り
の塗装をすることにしました。



塗装前の小屋廻り
CA3G0733.jpg

CA3G0734.jpg
木の色がだいぶ変わり、古びてきています。

よくDIYで塗装をされている下関のNさんに聞いた
お勧め塗料をナフコで購入

CA3G0732.jpg
防腐剤ですが、安くて仕上がりもなかなか良いとのこと

塗料まみれになっても良いように子供のお古の上着
に着替え、暑いのでモジャ(帽子)もかぶり準備万全です。

CA3G07350001.jpg
アトミのBBクリームで紫外線対策もOK

そして2時間程度かけて、ひたすら塗り続けついに
ワンソン(完成)しました。

CA3G0736.jpg

CA3G0744.jpg
手間をかけると見違えるようになりました。
畑の野菜づくりも、毎日の食事づくりもきっと
手間をかけると見違えるのでしょう。
せっかく健康な体を授かっているのだから、労力を
惜しまず何にでも手間と愛を込めたら、素晴らしい
毎日を送れるだろうな・・・と思いながら、塗り終えると
体を横たえ動かなくなる私です。

ナムピョンは私の作業前から、体を横たえた後も延々
と作業をしていました。

CA3G0743.jpg
パチパチパチ・・・
スポンサーサイト

次男、シンガポールへ

高校2年生の次男が修学旅行へ行ってきました。
最近の高校生の修学旅行は海外です。
贅沢だなぁと思いながらも、海外で何か感じるものも
あるだろうと笑顔で見送りました。


4泊5日で飛行機内が1泊。
福岡空港からシンガポールのチャンギ空港まで7時間ほど
かかるようです。
チャンギ空港からはバスで一旦マレーシアに入国し、2ケ国
旅行です。

現地の学生さんとの交流会で異国文化に触れたり、観光では
マーライオン公園や、ユニバーサルスタジオシンガポール、
ナイトサファリなどに行き、海外初体験の次男にとっては、夢の
ような数日間だったことでしょう。


携帯禁止ということだったので使い捨てカメラで次男が
撮ったり、撮ってもらったという写真がこちらです。

CA3G0755.jpg
マレーシアでは乗ったり食べたり(悲)出来るダチョウ園
があるそうです。


CA3G0754.jpg
最近のゲームでこんなキャラクターいるような・・・。
触れそうにないこの生き物はなんだろう?


CA3G07560001.jpg
有頂天の次男(いつもの帽子)と左の方は去年の担任で
お世話になっている先生です。

シンガポールは多民族国家なので公用語は英語、マレー語
標準中国語、タミル語だそうです。
なので後ろの文字は下が中国語らしきものなのでしょう。


CA3G07570001.jpg
次男の狙いはわかります。
しかし、チンチャ、イサラム・・・(ほんとこの人は・・)


ちなみに次男にあちらで日本製のものがお店で売られて
いたか聞いてみると

日本の刀の形をした傘が土産店にあった。」と。
日本でもそんなものはあまり見かけません。
多分、使う人が皆無だからと思いますが、その傘を
友達の一人が買い求めたというのです!

日本に帰ってから使う気なのか飾る気なのかはわかりません。

数日間、日本を離れるとさすがに母国が恋しくなるようで
帰りの空港ではほっとした気持ちになったそうです。
が、その空港で事件が起こったのです。


空港でのチェックの時になんとあの日本刀傘を買った友達が
止められ調べられるというハプニングが起こり一時みんなで
待つはめになったそうです。


次男は面白かったと言いますが、先生はさぞやびっくりされた
ことでしょう。

帰りの飛行機の中では死んだようにぐったりされていた(次男談)
という先生、本当に大変お疲れ様でした。
カムサハシプシオ~です。

石原都知事、国政へ?

昨日、石原都知事が東京都知事の辞任を表明されました。
官僚制度の在り方を批判し、持論の憲法改正や沖縄県・尖閣諸島
の実効支配の強化策なども述べられており、国政への復帰についても
触れられたようです。

石原都知事について気になるのは数々のこれまでの発言です。

裁判沙汰にもなった発言では
男は80、90歳でも生殖能力があるけれど、女は閉経してしまったら
子供を生む能力はない。
そんな人間が、きんさん・ぎんさんの年まで生きてるってのは、地球に
とって非常に悪しき弊害」

中年以降の女性は生きているだけで罪だと言われているようで
良い気はしないですね。


1999年、重い障害のある人たちの治療にあたる病院を視察した際の
記者会見では

「ああいう人ってのは人格あるのかね」
私はあると思います。
人間は全て個性、人格があり、そういう方たちも涙を流されます。


東京オリンピックの開催をめぐって、宮内庁が否定的な考えを示した時には
「宮内庁のばかが余計なことを言って」
日本の象徴である天皇陛下に対しての発言です。

そして心配なのは外交に関してのものです。
今年のオリンピックの時には
西洋人の柔道ってのは、けだもののけんかみたい
私が西洋人で柔道をやっていたらきっと怒りがわくでしょう。

こういう発言もあります。
「犯罪者予備軍の支那、朝鮮人をこれ以上増やすなどあってはなりません。」
「日本と韓国が一緒になって核兵器を持たなくてはダメ」
「ありがたがることないよ、パンダぐらいで」

これらの発言について良いとか悪いとかは敢えて言いませんが
言葉というものは思いを伝える手段だけではなく、使い方によっては
争いを生んだり、逆に救えたりする凄く大事なものだと思うので
影響力のある方ほど心を配って使って頂きたいですね。

今の政治にもお金以上に心が必要なのかなと思う今日この頃。

さてお友達のY家のご主人が、朝、玄関先でこんなものを見つけたそうです!
121007_162236.jpg
なんだかわかりますか?
一匹まるごとの抜け殻だそうです。

信心深いY家のご主人は金運が上がるかもと大事に
おうちに持って帰られたそうです。

そしてその後、ご主人が息を切らし奥様のもとへ来られ
10円玉が落ちていた!」と。
奥様は
金運、これで終わったね。」

と言われたそうですが、気持ちがほっこりしました。

ふくろうと格闘

トラのぬいぐるみにも猟犬にもかなわないたろくんですが
ひるまず、かかっていく相手がいます。

それは、ふくろう・・・の置物です。

まずは様子をみます。
CA3G0722.jpg
「お、お、お、お前はなんだぜぇ?」

そして威嚇。

CA3G0723.jpg
「たろちゃん、やっちまうぜぇ。」

ふくろうがかかってこないのを良いことに飛びかかりました
CA3G0739.jpg
「はぁはぁ。捕まえてやったぜぇ。」

そして無抵抗の敵を噛みまくります。
CA3G0740.jpg
「たろちゃんだって強いぜぇ。」
団長にやられた時と、同一犬とは思えません。

CA3G0741.jpg
「たろちゃんの勝利だぜぇ。」

満足したたろくん、ふくろうと仲直りのようです。
CA3G0724.jpg
ちゅっ

人間も犬も怪我もなく健康なのが一番の宝物ですね。

猟犬襲来!

金曜日の朝、私が歯磨きをしていると外から
たろくんの「キャインっキャインっ!」という
尋常でない鳴き声がしました。

飛び出てみると、以前「たろくんのお散歩」記事で
登場したあの猟犬軍団の団長犬と思われるわんこが
たろくんを襲っていたのです!

以前の記事の写真
120526_1636~01 120526_1637~01

がっぷりとたろくんのお尻に咬みついているのを見て
私はパニックに。

すぐ横にあった回転式の洗濯ハンガーを片手に持ち、靴もはかず
近づくも、興奮状態の団長に「私も咬まれるかも」と一瞬躊躇。

しかし、昔実家で飼っていた柴犬が喧嘩してお腹をやられ死んで
しまったことが脳裏をよぎりハンガーをふりかざしながら

こらっ!」と大声をだしたら一旦、逃げたのでその隙に囲いの戸
を急いで閉めました。
その後も団長犬は犬小屋の周りを姿勢よく、右に左にとリズミカル
にいったりきたりします。

そしてウッドデッキの隙間から顔をだし「ウグルルルルル」と威嚇
するのです


飼い主さんが捕獲されるまで、たろくんも私も震えながら恐怖
時間を過ごしました。


幸い、血がそんなにでるほどでもなくその日も元気いっぱい
散歩にいけるくらいだったので良かったのですが多分たろくんは
犬嫌いになったかもしれません(笑)

団長犬は鎖がはずれていて柵があるにもかかわらず飛び越えて
逃走したということでした。

小さい子供さんなどが通らなくて良かったと胸をなでおろしましたが
私もトラウマになりそうなくらいの恐怖体験でした~。


そんな状態で写真を撮るどころではなく今日の記事は文章記事
となりました♪

美祢線のジオラマ

次男がおもむろに
「今、図書館に美祢線のジオラマが展示されているらしい。」
と言うので鉄道ファンでもないのに行ってみることにしました。


美祢線は厚狭と長門を結ぶ46kmのローカル線ですが
2010年7月の豪雨被害を受け、厚狭川橋りょうが
流失するなどし、一時は廃線とも言われましたが
2011年の山口国体のおかげでわずか1年と少しで
復旧した路線です。


その復旧応援企画として現在、10月21日までの間ですが、
美祢市立図書館にこんなジオラマが展示されていました。

まずは、職員の方に撮影可能か聞いてみるとOKということでした。
CA3G0726.jpg
厚狭駅です。

CA3G0725.jpg
電車のむこうは美祢の大理石が採れる山だそうです。
美祢市の大理石は国会議事堂や東京駅にも使われています。

CA3G0727.jpg
本当の美祢線の時刻表にあわせて電車を動かしています。
美祢線は本数が少ないので私達が行っている時には動いているところを
見ることが出来ませんでした。


無料動画サイトYou Tubeで運転再開当日、多くの人々が美祢線復旧を
応援している様子の動画がありました。

美祢線から見える景色の中で大きく手を振っている人々を
見ると心温まりました。
美祢市の方は知っている方が手を振っているかもしれないので
是非見てみてください。

こちらです. 

JR美祢線×BOOM

ちなみにわたしの知っている方も手を振っていらっしゃいました♪
次男はこのジオラマのことを
これがまさに美祢クオリティよ。」

と言ってましたが ???? の私でした

atomi(アトミ)のブログ

私がはまった化粧品、アトミシリーズはハンググ(韓国)
に住んでいるチング(友達)に教えてもらったのですが

その友達も私のアトミ記事に賛同すべく韓国よりブログを
はじめました♪

韓国コスメ、はじまりはtea time
というブログで早速リンクを張りました。
アトミに興味のある方は是非覗いて見てくださいね。
そしてブログオーナーのにょっきちゃん、
韓国の生情報も期待してますよ♪


そしてアトミについての情報です。
アトミ化粧品は韓国の国家原子研究院の生命工学チーム
と韓国コルマが共同で開発生産した商品なのですが
この韓国コルマは日本の製造会社である日本コルマ
生産供給体制を確立しており、中国やアメリカにある製造会社とも
同じように提携契約を結び、開発・製造に生かしているそうです。
世界の各国で協力して良い商品を研究開発するというのは
平和的で生産的でとても共感できます。
ますますアトミファンになりました♪

今日はアトミではないのですが、にょっきちゃんに
教えてもらったパックをひとつ紹介します。
CA3G0622.jpg
これはレモンエッセンスのパックですが、
マッコリのパックなどもあるそうです。
アトミのピーリングジェルで角質を落したあとパックをすると
しっかり浸透してスベスベ効果も大きいです。

1個が100円~150円くらいなのでたまににょっきちゃんに
お願いして韓国から送ってもらうのです。


韓国から送ってもらうときにはニュースペーパーが
クッションかわりに入っているのですがそれを見るのも
結構楽しめます。

ちょっとしわしわですが・・・
CA3G0728.jpg
韓国の4コマ漫画
日本のサラリーマンに良く似てます。
セリフはサラムド、マーニジマン・・とかで多分
人もたくさんだし・・・という感じかな。

CA3G0729.jpg
こちらの見出しは
「ラルラルラ ノレ プルミョ サラン チョンヘヨ」です。
ラララン♪歌を歌えば心ウキウキ みたいな感じでしょうか。


間違った和訳をしていたら指摘お願いします(笑)



ウッドデッキ ワンソン(完成)

ナムピョンが家を建てた時に日曜大工で作ったウッドデッキ
改装をしていましたが、塗装も乾いてワンソン(完成)したようです。


CA3G0715.jpg
横からみたところです。
ラティスを扉かわりにつけ、左右にスライドします。

CA3G0716.jpg

同じ扉をたろくん側にもつけました。
CA3G0720.jpg

ブロックで階段らしきものも出来てたろくんも登りやすくなりました。
CA3G0719.jpg
お、外が見えそうだぜぇ。」

たろくんが上がろうとするもナムピョンに足が汚れてるから
だめとストップがかかりました。

CA3G0718.jpg
があーーーん!」

内側から外を見たところ
CA3G0717.jpg

もう少し雨風にさらされて又、汚れてきたらたろくんも上がることを
許されるでしょう。

でもナムピョンいわく、これでワンソン(完成)ではないと。
予定では階段とサブデッキをつけるそうです。
どこまで立派なウッドデッキになるのやら・・・。
たろくんが足を踏み入れるのはまだまだ先になりそうです。

復興予算はどこへいく?

テレビのニュースで最近目につくのは
19兆円の東日本大震災復興予算の使い道」です。
このうち約10兆円のお金は来年からはじまる復興増税によって企業や
私達国民が負担します。
企業は3年間だけですが、私達に関係のある所得税は2037年まで
これから25年間も続きます。
今までの税金に2.1%上乗せされるのですが、金額によってはお年寄りの
もらっている年金にまでかかってきますし、銀行の預金につく利息から
これまでも控除されていた20%の国税と地方税に上乗せされるので、
その結果、手取りとしてもらえる利息が少なくなります。
ただでさえ、金利が低いのでもらえる利息は少ないですが・・。
そして住民税も復興増税がかかり1000円アップです。

これから消費税も増税、所得税を含めほかの税金も税率アップや控除減額
などで容赦なく国民負担が増えていきます.
復興増税についてはいつ誰が被災者の立場になるかわからないし、復興
に使って頂けるなら喜んで税金を支払いますが、テレビでも取り上げられている
ように使い道にかなり疑問を感じます。
この予算、全国の官庁施設約100カ所の耐震補強などに約12億円
沖縄の国道整備に34億など、現地の生活に本当に困っている方々の
支援とは全く関係のない予算が組まれようとしています。
一般会計まで入れると、アジア太平洋地域の被災地での?青少年交流72億円
南極海鯨類捕獲調査などに23億などもあがっているようです。

当時、私も被災地の方々に僅かでも・・・と日本赤十字社に寄付(ほんの少し)
をしましたが、HPで収支状況を確認してみました。
義援金は各地方自治体に配られていますが、収支差額(配った残り)45億は
まだ赤十字社にあるようです。
また地方自治体が補助金としてどれだけ被災者自身に渡されたかはわかりません。
そして海外から寄せられた支援金については被災者の方に直接渡ることはなく
一部は避難所の家電や仮設診療所の経費などに充てられたようですが、
日赤の今後の災害対応能力強化費や事務費、管理費、今後のニーズに対応
する為の事業費となったようです。

政府はこの復興増税予算について審議する国会をボイコットしています。
日本は戦後最大の危機の中だからこそ、今までの間違っていたことを是正
出来るチャンスなのかもしれないので政治家の方たちにも真っ向から議論
を重ねてほしいです。

私も目と耳で情報を参考にしながら、正しいものを見分けていかなければと
思いつつ、玄関で警備を忘れ無防備に寝込むたろくんを、目を細め寝息を聞こうと
耳をたてる今日この頃です。

朝6時頃・・・そぉ~っと
CA3G0713.jpg
くぅ~ くぅ~

外がいいのか玄関のゲージに入ろうとしないたろくん
CA3G0710.jpg  CA3G0711.jpg
たろちゃん、吠えてもいい外がいいぜぇ















情けない話

このところ規模は小さいですが地震が多発していると
いうので気象庁のサイトで過去100日間の分布図を
見てみました。

japan_detail_large.jpg
やはり関東や東北が多いようですが山口県はほぼ地震が
ないことがわかります。
山口県出身の人は地震に慣れていないので、少し揺れても、
かなりビックリします。
いや、すみません。私だけかもしれません。
でも頻発しているようなので山口県も含め、日本全国どこだろうと
気をつけないといけないですね。

さて、ウッドデッキ改装の作業で塗装の上塗りをしている為
たろくんがペンキだらけにならないようにここ数日間は玄関で
過ごしているのですが、外に居たいのか家に入るのを促す私
を拒むように踏ん張るたろくんです。
CA3G0655.jpg
コーギーは生まれてすぐに尻尾を切断するそうですが、たろくんも
うちに来たときには既に尻尾はありませんでした。
どのあたりにあったんだろう・・・。

まだ引っ越す前の昔の家の頃、うちに来たたろくんです。
100130_1424~01
ここはどこだじぇい? ははうえのとこにかえりたいじぇい。」

人も動物も幼い頃は可愛いですね。
歳と言えば、私ごとですが段々と2つ以上のことを順序だてて言葉にするのが
下手になってきました。
頭の中で2つのことを考えていると一度に口をついてでてしまうのです。
今日もナムピョンと話をしていて、たろくんは玄関ではおしっこもうんこもしないから
おりこうよねという内容だったのですが、そのあと私がナムピョンに伝えたかったのは
でもウッドデッキではうんこしたことあるよ。」という言葉だったのですが
口からでたのは「でもウンコデッキではあるよ。」でした。
それを受けてナムピョンは
「わしが苦労して作ったウッドデッキのことをウンコデッキとは・・」
と泣いていました。

歳をとるのは自然なことですが、ちょっと情けないな~と感じる今日この頃でした。



たろくんの引越し?

オヌル(今日)は体育の日で祝日です。
ナムピョン(夫)は日曜大工のウッドデッキ改装の続きです。
作業もかなり進み、とうとうたろくんの小屋側の扉部分に入りました。
ということで今日一日、たろくんは小屋とともに洗濯物を干す場所へ引越しです。

いつもと違う場所に追いやられ落ち着かないたろくん
CA3G0703.jpg
あと何分かかるぜぇ?」

今日もひたすら作業するナムピョン
CA3G0704.jpg

私が行くとおやつ頂戴と催促します。
石を食べる行動(ちゃんとだしますが)をしてじっと顔を見るのが催促のひとつです。
CA3G0705.jpg
たろちゃん、おやつ欲しいからかわりに石を食べちゃうぜぇ。」

仕方なくおやつをあげることにしました。
長い「待て」にも必死に耐えるたろくん。
CA3G0706.jpg
あといくつ数えたらいいぜぇ?」

おやつをがん見したまま微動だにしないたろくん。
わんこって凄いなぁ。

話は変わり次男が「部屋にこんなものが・・・」と写真を撮って
見せてくれました。
SH3J0178.jpg
ミイラ化した蛙だそうです。
網戸とガラス戸の間から逃げられなかったのでしょう。

人間の体内にある水は体重のおよそ55~60%と言われています。
体重50kgの人なら、約30リットルの水が体内にあるのです。
その構成は、約3分の2が細胞内液にあり、4分の1が細胞間液、
残りの12分の1が血漿(けっしょう)中にあるそうです。
そして水は体内に取り入れられて、体温調整で汗をかいたり、酸素や
栄養分の運搬を助けたり、老廃物を尿やその他で排出したり、細胞の
働きを助けたりと、体を正常に保つためにたくさんの水分が使われて、
失われていっています。

毎日しっかりムル(水)を摂ることは健康の基本なんですね。
ちなみに次男は水が大好きです。
外で食事をする時にお冷を頂きますが、コップ1杯では全然足りず
ピッチャー1本分くらいは空けてしまいます。
すみませ~ん! お水、下さい。」
(ハングルでは、チョギヨ~、ムルジュセヨ~)
と何度も店員さんを呼ぶので、最後はピッチャーを置いて去られます。
健康には良いことですが、店員さん、忙しいのにごめんなさい。


畜産試験場

美祢市には山口県の畜産試験場があります。
以前、「田舎のかかし」という記事をアップしましたが
かかしのあった河原というところに畜産試験場もあります。

試験場ではソ(牛)さん、トゥェジ(豚)さん、タク(鳥)さんの繁殖技術研究
や品質改良研究などをされているそうです。
ここ河原の試験場では牛さんが約550頭、そのうち
肉用牛さんは約300頭で人間の為に命を捧げてくれる
有難い牛さんです。
牛さんは昔から農業などの労働力としても人間の為に
働いてくれてましたよね。
そして豚さんは約150頭、鳥さんは1600羽もいるそうです。

山口県畜産試験場
CA3G0702.jpg

秋吉台を連想させる敷地内
CA3G0701.jpg

畜産技術部では、新たに放牧を始めたい方が牛を用意できない場合、山口型放牧
グループの繁殖牛を貸し出す「レンタカウ」の取り組みを行っているそうです。
なかなかチェミイッソ(面白い)笑えるネーミングです。
いつでも」「どこでも」「だれでも」「簡単に」「新たに放牧に取り組みたい」方なら、
農林事務所畜産部へ申し込めば「レンタカウ」を派遣してくださるそうです。
これが意外と好評で、クズ、カヤ、セイタカアワダチソウが主体となった耕作放棄地
に繁殖牛を貸し出すことで牛さんが草を食べてくれるので土地の管理が出来る上、
餌代も節約できるのです。
うちの畑周辺にもお願いしたいなぁ。


CA3G0699.jpg
敷地内で放牧されくつろいでいる牛さんたち。
CA3G0700.jpg
自然とともに生き、必要なもの以外は欲しない牛さんたち。
退屈そうだけど、平穏な一生を終えるのでしょう。

人間だけが無用な殺し合いをすると言いますが、
私も人間の持つ欲の余り、無駄に苦しむことのないよう
何事も冷静にほどほどに・・・
牛さんのように自然に生きたいと思う今日この頃。







環境税

今日(10月1日)から環境税が導入されました。
環境税とは地球温暖化対策税のことで石油や天然ガス、石炭など
すべての化石燃料に課税されます。
税金をおさめるのは事業者ですが、負担するのは結局私たち消費者
になるでしょう。
年間で2600億円くらいの増税になると見込まれており、電気やガス、
ガソリンにも税金が転嫁され値上がりする可能性があります。
私も工夫して出来るだけ節約しようと考えています。

ところがCO2排出量が世界1位を争うアメリカや中国は環境税のような
税金がいまだありません。
国際競争力の点からしても日本のみ増税となることは不利ですし、
アメリカや中国でも環境を考えてCO2減少のためになんらかの負担を
課しても良いような気がします。
日本では今日からはじまった環境税ですが、どうもこの税収は一般財源
とされ、一部は社会保険料の軽減に充当するとも言われています。
なんだか誤魔化されて税金の負担を増やされているような気もします・・・。

ところでアメリカでは少し前にFOMC声明で、量的緩和第3弾(QE3)の
実施が発表されました。
住宅ローン担保証券(MBS)を月額400億ドル(日本円で4兆円)買い入れ、
インフレが抑制されている限り、見通しが大幅に改善するまで資産買い入れ
を継続するというものです。
わかりやすく言えば、中央銀行がお金を刷って市場にでまわる資金
恣意的に多くするということです。
第1弾は2008年のサブプライム住宅ローン問題を受けた、リーマンショック
や世界同時株安時、第2弾は、景気回復の促進とインフレ率低下の阻止
を目的として長期金利の押し下げを狙い、2010年に実施され、今回
2012年9月が第3弾です。
この量的緩和は最初、2001年に日本銀行がとった措置なのですが金融
システム不安を鎮めるのに有効だったと言われています。
しかし、毎月4兆円ものお金が市場に増え続けていくということは物価の上昇、
つまりインフレが起こる可能性があります。
今回のアメリカの措置は景気と雇用の拡大が目的ですが、同時に
超インフレ時代
への突入懸念もありますから、これからの効果が気になる
今日この頃。

さて話はかなり変わり、ナムピョン(夫)は手作りのウッドデッキの改修
取り組んでいます。
正面に扉をつけ側面も可動式のドアをつけるらしいです。
CA3G0698.jpg
台風が来なかったので、日曜日に黙々と作業をするナムピョン(夫)

CA3G0697.jpg
作業をずっと見守るたろくん
お父さん、怪我しないか心配だぜぇ。」 

今回つけた扉
CA3G0695.jpg

これから可動式ドア?をつけようとしている側面
CA3G0696.jpg

完成したらアップする予定です♪




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。