韓流な私の気ままブログ

2013年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年05月
ARCHIVE ≫ 2013年05月
      

≪ 前月 |  2013年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

わんこと蟷螂(かまきり)

梅雨前だというのに山口県では蒸し蒸しと暑い日
が続いています。
先週のケンミンショーで山口県民は「餅まき」が大好きだと
言うことを知り、意外でした。
子供の頃は家建てやお祭りなどがあるとよくお餅を拾い
に行っていましたが全国共通だと思っていました(笑)


さて久しぶりにたろくんの登場です。
今年ももう少しするとかまきりが庭のあちこちに出没します。
これは去年、たろくんのおうちの中にかまきりが出没した時
の写真ですが慌てていた、たろくんがかわいかったです。

CA3G0748.jpg
「ん?なんかいるぜぃ?」

CA3G0751.jpg
「たろちゃんちで何やってるぜぇ?てかどちらさんですかい??」

威嚇をはじめたかまきりにびびるたろくん
CA3G0753.jpg
「しゃぁっ!!」

CA3G0752.jpg
「高速咬みついてやるぞ攻撃だぜぃ」

この後、やってきたナムピョンになんなく掴まれたかまきりは
たろくんのおうちの外にぽいっと放られ、平安を取り戻しました。
もうすぐ毎年恒例の予防接種ですが人間のように、そんなことを
考えて注射が不安になることもなく毎日の散歩をとっても心待ち
にして嬉しそうに待っています。
Just is bestなのでしょう。
スポンサーサイト

カルストロード

先週の秘密のケンミンショーで山口県をやっていました。
2週連続で今週も続きがあるようなので楽しみです。

先週は宇部興産という会社のことを主にやっていたので、
美祢市のセメント山が登場しました。
うちからすぐ近くです。

でも鉱山では火薬を使って山を破壊し、石灰を採っていくので
山が段々小さくなって切ない感じもします。

美祢市には秋吉台などきれいな自然もありますので
今日は秋吉台の中を通る「カルストロード」を紹介します。


カルストロードは秋芳町から美東町へと続く県道で、以前は
有料でしたが今は無料です。
私は月に一度はお仕事先に行くために通ります。

CA3G0974.jpg
国定公園である日本最大のカルスト台地の中を走ります。

CA3G0977.jpg
窓を開けると抜群の開放感です。

CA3G0975.jpg
途中に長者が森という小さな森があります。
反対側には広い駐車場があり、時々イベントなどが行われます。


CA3G0976.jpg
反対側の駐車場。
朝早かったので車はほとんどいませんでした。


CA3G0979.jpg
石灰岩があちらこちらに。
この石灰岩は、大昔の生物の死がいや骨が海の底に積もって
できたものです。
秋吉台の石灰岩には珊瑚や貝などの化石がくっついています。
こうした化石は秋吉台が大昔海の底だったことを示しているそうです。
日本列島の形成史上、大変貴重な石炭層が美祢市にはあり、
美祢市以外では岡山県の成羽、京都の舞鶴周辺にあるそうです。
太古のロマンを感じます。


カルストロードを突っ切ると、「大正洞」に到着します。
CA3G0983.jpg
大正洞は古来、戦乱や内乱の折に略奪を恐れた里人が
この洞内に牛を隠したことから「牛隠しの洞」と呼ばれていました。


CA3G0981.jpg
このあたりには壇ノ浦の戦いで敗れた平景清が潜んでいた
といわれる「景清洞」や「サファリパーク」「リフレッシュパーク」
などもあります。


CA3G0986.jpg

テレビではアベノミクスの効果で景気が良くなったかのような
報道が多いこの頃ですが、観光地であるこのあたりはまだまだ
閑散としているし、経済自体が良くなったような実感が私には
感じられません。
むしろ、逆に大変になったという現状も目の当たりにしています。
確かに、株価の上昇や円高などで一部の投資家や企業は利益
を得ているのでしょう。
それが、過去のバブルの繰り返しにならないことを祈ります。
バブルは始めは良いのですが、利益を得た人の裏には必ず損
をする人がでてくるのです。
実質的な経済成長ではないのでちょっとしたことで崩壊します。
そして今の日本の財政状況は以前のバブル崩壊の時よりもかなり
悪化しています。
その「つけ」はこれから私達国民が負担していかなければなりません。
その時にアベノミクスが救いになったのか首を締めたのか結果が
でるのでしょうが前者になることを切に願います。
不安に思うときりがないので、とにかくバブリーな所得をあてにせず
毎日与えられた仕事を淡々とこなして、家族や周りの人たちが笑顔で
平穏に暮らせていればよしです。
今の時代は地震などの災害や、宇宙からの落下物など何が
起こるかわからないので何もなくいつもの毎日が送れることが
有難いと思う今日この頃です。

フィギュアinあるあるシティ

北九州市のあるあるシティの続編です。
ワンピースショップ以外のお店でもワンピース関連
のこんなものもありました。

CA3G100900010001.jpg
知る人ぞ知る「手配書」もどきです。

CA3G10080001.jpg
知る人ぞ知る名シーン「この帽子をお前に預ける。」

これは何のアニメかわかりませんがナムピョンが楽しそうです。
CA3G10060001.jpg
次男が呆気にとられています。
「チングエヨ?(友達?)」


あちこちにこのキャラクターが・・・。
CA3G101400010001.jpg

あるあるシティにはラジコンカー?で子供のように
大人が遊ぶコーナーもありました。
右側で立っている方々が操縦しています。

CA3G1013.jpg

それではあるあるシティで見つけたフィギュア特集~
CA3G10120001.jpg
何かのロボットに乗って対峙し戦う?仮面ライダーとウルトラマン

CA3G10110001.jpg
藤岡ひろしさんのフィギュア

CA3G10100001_20130515210100.jpg
ジョジョの決めポーズ

特集と大袈裟に言いましたが3つでした・・・。
最後は歴代仮面ライダーのポスターの前で微笑む韓流な私です。

CA3G10070001.jpg

韓国激辛焼きそば

金Wの中の一日は北九州市の小倉に行ってきました。
目的は2つ
北九州B級グルメFES漫画ミュージアムです。

漫画ミュージアムは小倉駅そばの「あるあるシティ」の
中にあり、B級グルメFESはそのすぐ側でやっていました。

CA3G101500010001.jpg
露店が立ち並び、ラーメンやホットドッグなど
色々な種類があります。
その中で選んだのがこちらです。


CA3G10160001.jpg
韓流な私と名乗るからにはこれを食べないと・・・
ということで食べてみましたが、
辛い~!!
ナムピョンが選んだ種類は特に辛くて
「水~」と走りだしました。


CA3G10180001.jpg
真っ赤な焼きそば
辛いけどもう一口食べてしまう、そんな味の
焼きそばを食べたあとはあるあるシティへ。
東京の秋葉原のような感じのショップが多く、
面白いフィギュアもあったのですがその話題は次回へ
まわし、今回はワンピースショップと漫画ミュージアムを
アップします。


CA3G10190001.jpg
漫画ミュージアムの入り口です。
中は撮影禁止なので入り口で案内してくれたメーテルさんと
記念撮影しました。
福岡県は「銀河鉄道999」の松本零士の出身地なので
展示してある漫画もゆかりのものが多いです。
昔の漫画から今の漫画まで読めるようになっていて、私の好きな
手塚作品もたくさんありました。
そして漫画だけの図書館があり、2時間ばかり読みふけって
しまいました。


さて、あるあるシティにはワンピースショップがあります。
長男がワンピースの単行本を全巻持っていて韓流な私一家では
全員が読破しているのでちょっと楽しみな感じで行ってみました。

CA3G09990001.jpg
入ってすぐに等身大?のルフィ&チョッパー

CA3G10010001.jpg
ルフィの兄、エースと韓流な私
エースは下から見上げた方が迫力ありました。
CA3G10020001.jpg

トラガルファーローの限定Tシャツなどもありました。
CA3G10000001.jpg

でもこういうショップは割高です。
ちなみにこの入浴剤は1つ198円でしたが・・・

CA3G1040.jpg
家の近くのフジで1つ40円で売られていました。
もちろんこれはフジで買いました(笑)


あるあるシティはほかにも色々なショップがありましたので
続きは次回ということで~。


CA3G10030001.jpg

狗留孫山

金W(ゴールデンウイーク)もあっという間に
最終日となりましたが皆さん、充実した連休を
過ごされましたか?
韓流な私一家は暦通りの祝日で前半と後半
に別れていたため、長男のいる関西へ遊びに
いくのを諦め連休の半分は家の周りの草刈りや
畑をし、一日は北九州市小倉へ遊びに行き
一日はハルモニの家に行き、もう一日を下関市
にある狗留孫山(くるそんざん)へと行って来ました。


狗留孫山(くるそんざん)は、標高616.3mの山で
500mあたりに真言宗の古刹修禅寺があります。
CA3G1031.jpg
これまでも何度か登ったことがありますが、帰りは膝が
がっくんがっくんなります(笑)


CA3G10350001.jpg
登山道の入り口には登山の無事をお祈りされているかの
ような弘法大師様(空海)の像があります。

「膝ががっくんがっくんなりませんように」

CA3G10240001.jpg
最初はなだらかな山道で所々にお地蔵様などが
鎮座しておられます。

ご一尊ご一尊にご挨拶しながら登ります。

CA3G1025.jpg
ナムピョンと次男がお参りしているのはお不動様でここでは
「火生三昧」という火の中を歩くというような修行が行われるそうです。


CA3G10290001.jpg
段々と坂道が険しくなっていきます。
狗留孫山は奈良時代に行基が修行をされたと言われており
御作の「聖観世音菩薩」が奥の院に安置されています。
その後、空海も九州の海上からお山の霊光を拝し、それを
目指して登られたそうです。
そのご霊光の源であるご霊石も修禅寺の本堂横にあり
自由に拝観することが出来ますので可能な方は
足腰の鍛錬を兼ねて登ってみて下さい。


CA3G10300001.jpg
私は入り口に「ご自由にお使い下さい」と置いてあった杖
を、次男は持参した杖の力を借りてひたすら一歩一歩登ります。
まだ半分も登っていないのに心臓の鼓動が速くなっています。
狗留孫山の歴史の続きです。
平安時代後期になると臨済宗の開祖である栄西禅師が霊光を
目指しお山に登られ、境内を整備しお寺を建立されたそうです。
加えて伊勢大神宮を勧受鎮座され、ご神明のご加護も受けられました。


SH3J0276.jpg
登るのは大変ですが大自然のエネルギーは素晴らしく、
行き交う人々も清々しい笑顔で挨拶を交し合います。
降りて来られる方の半分は膝ががっくんがっくんなっています。

完全に横になっておられるお年寄りの方もおられ、皆さんが
心配され声をかけておられましたが
「寝とるだけじゃ~。大丈夫じゃ~。」
と答えておられました。


そして最後の急階段を登りきると、狗留孫山修禅寺があります。
top_sanmon.jpg
修禅寺HPより
狗留孫(くるそん)とは梵語の音訳で「実に妙なる成就」を意味し、狗留孫山修禅寺は、
御嶽 (おだけ) 観音として広く知られた弘法大師御開山、栄西禅師中興の観音霊場です。
狗留孫山霊場八十八箇所総本寺でもあります。御本尊は十一面観世音菩薩です。

お寺から更に60mばかり行ったところにご神木の樹齢1200年
の杉の木「一本杉」があるので行ってみました。

CA3G103200010001.jpg
上から天然の自然エネルギーシャワーが降り注いで
いるようです。
パワースポットと言われているだけありますね。


この後は本堂にお参りさせて頂き、本堂の奥に休憩出来る
場所がありますのでそこで少し休むことにしました。

CA3G10340001.jpg
本堂の裏側から見る「一本杉」

休憩しているとご住職さんと坊守さんがいらっしゃいました。
主人は広島のH氏と年に一度は必ずお参りに来ていて
これまでも何度もお参りさせて頂いているので顔も名前も
覚えて頂いています。
CA3G10330001.jpg
今回もとても良いお話を1時間以上もして下さいました。

お話は多岐にわたり、宗教の話だけではなく政治の話や教育、
経済の話にまで及びますが、ご住職さんはITに興味がおありで
スマホなどにお詳しいのが意外で面白かったです。
なんと、この山中でも気候によっては電波が届くようです。

お山の歴史でも紹介しましたが、修禅寺は伊勢大神宮と深い縁
がありお不動様のお隣に天神様がおられるという全国でも類をみない
お寺なのだそうです。
そして宗派を問わず様々な方が参拝や修行に来られるそうです。


では最後にお山には野生の鹿があちこちに出没しますので次男が
撮った鹿の写真で締めくくりたいと思います。

SH3J02780001.jpg
小鹿の群れを発見
次男がじわじわ近寄って
カシャ!」


SH3J02790001.jpg
逃走中

修禅寺HP http://www.kurusonzan.or.jp/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。