韓流な私の気ままブログ

2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 萩へGO!明神池編TOP景色 ≫ 萩へGO!明神池編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

萩へGO!明神池編

笠山のふもとあたりにある明神池にはたくさんの魚が
泳いでいました。
マダイ、イシダイ、ボラ、エイ、コチ、スズキなどがいましたが、
かなり巨大化した魚もいました。


100048.jpg

たくさんいたものは魚だけでなく、(トンビ)と
魚に餌をあげようとすると上空にはその餌を狙う鳶の
大群がいてびっくりです。

SH3J0194.jpg SH3J0191.jpg
鳶の動きが速いので私がカメラのシャッターを押した時には
何も写らず。しかし次男がなんとか撮ってくれました。


CA3G0842.jpg  SH3J0188.jpg
猫もあちこちにいました。
右の猫ちゃんは目の玉が両方とも無かったのですが
ぶつからず歩いていて不思議でした。


明神池の周りには風穴というところがあり、日本海からの
海風が、溶岩の隙間を通るうちに温度が一定に保たれ、
苔むす岩々の隙間から冷風となって吹き出していました。

CA3G0840.jpg
風穴へむかう道

CA3G0841.jpg
風穴の中
夏にくれば良かった~。

風穴のすぐ近くには厳島神社もありました。
この神社は、貞享3年(1686年)萩藩2代藩主毛利綱広が、
毛利元就が信仰していた安芸の厳島明神を勧請して分岐、
これに因んで明神池と呼ばれるようになったそうです。

CA3G0838.jpg
ご祭神は宮島の厳島神社と同じで宗像三女神の
市杵島姫命
田心姫命
湍津姫命


境内には猿田彦大明神と少童大明神の石塚もありました。(左)CA3G0839.jpg
右の方は宗像三女神で、月と太陽の絵が入っています。
普通の石ですが光の入り方でキラキラと丸い模様が
入って(実際には文字が書いてあるだけです。)
パワーストーンみたいに写りました。
この前では、ぼ~っと見入ってしまいました。

次回は萩のグルメ編(完結)です。


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。